iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

超簡単!Macで動画から静止画像を書き出すことができるアプリ「Frame Grab」

今回は動画から静止画像を書き出すことができるMacアプリ「Frame Grab」をご紹介!

動画の一部を手間をかけずにスピーディーに静止画像に変換したいときに重宝するアプリです。

スポンサード リンク

動画の一部を静止画像に書き出すことができる!

Frame GrabFrame Grab
価格: ¥120(記事公開時)
カテゴリ: ビデオ, 写真
App Storeで詳細を見る

使い方は簡単です。「Frame Grab」で任意の動画を再生し、静止画像にしたいポイントで一時停止にしておきます。

動画を静止画像に書き出す場合、30秒もしくは5秒単位での早送り・巻き戻しボタンを使ったり…

静止画像を書き出したい動画を再生する

再生速度を調整すると、静止画像にしたいポイントを簡単に設定することができるので活用してみてください。

Frame grab7

静止画像にしたい部分が決定したら「書き出す」を選択します。

「書き出す」ボタンを選択する

続けて、静止画像を書き出すフォーマットや画質、サイズを設定します。

Frame grab3

画像のフォーマットはJPEG,PNG,TIFFに対応しているので、お好みのフォーマットを選びましょう。

Frame grab4

最後に「保存」ボタンをクリックすると、動画からキレイに静止画像を書き出すことができますよ!

Frame grab5

あとがき

あとがき

動画の一部を静止画像に書き出す場合、標準のスクリーンショット操作を駆使して書き出すことも可能ですが、意外と手間と時間がかかってしまいます。

「Frame Grab」があれば、スピーディーに動画から静止画像を書き出すことができますので興味のある方は是非「Frame Grab」を活用してみてください!

Frame GrabFrame Grab
価格: ¥120(記事公開時)
カテゴリ: ビデオ, 写真
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top