iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

これヤバくね?Macのスクリーンショットの名前を変更できるアプリ「Tiny」

Macでスクリーンショットを撮影したときに、ファイル名が「スクリーンショット 年月日 時間…」の書式になってしまうのですが、自由にファイル名を変更したいと思ったことはありませんか?

今回はMacで保存したスクリーンショットのファイルの名前を変更できるアプリ「Tiny」をご紹介!

スクリーンショットの名前を自由自在にカスタマイズすることができますよ!

スポンサード リンク


これ、本当にすっごい便利!

使い方は簡単です。「Tiny」を起動したら「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」にアクセスします。

「Tiny」をうまく起動できない時は以下の記事を参考にしてください。

つぎに「プライバシー」タブ→「アクセシビリティ」にある「Tiny」にチェックを入れ、コンピュータの制御を許可します。

システム環境設定内の「プライバシー」タブ内にある「アクセシビリティ」で認証を許可する

メニューバーにある「Tiny」のアイコンをクリックし「Preference」→「Change file name format」の順にクリックします。

この項目でスクリーンショットを保存形式を変更します。

メニューバーにある「Tiny」の「Preference」にある「Change file name format」を選択する

基本的にはこの項目でファイル名のカスタマイズしていくのですが、カスタマイズの方法は幾つかあります。

1つの方法としては「Restore Default」を1回クリックすると「Appleication Name(アプリの名前)」「URL」「Web Page Title(ウェブページのタイトル)」「Date Time(日時)」の項目がズラーっと表示されるので、必要のない項目を消去してカスタマイズします。

「Restore Default」をクリックして自由にカスタマイズする方法

もう1つのやり方としては、何も設定していない真っさらな状態から「Token(トークン)」にある任意の項目を選択し「Insert」で挿入していく方法もありますが、やりやすい方法で試してみてください。

トークンから任意の項目を挿入してファイル名の形式をカスタマイズする方法

試しに「Tiny」を【(Appleication Name)(URL)(Web Page Title)Screen shot(Date Time)】のように設定し、「Safari」をアクティブな状態にしてスクリーンショットを撮影してみました。

Safariのアクティブの状態でスクリーンショットを撮影する

すると通常は「スクリーンショット 年月日 時間…」の書式で保存されるスクリーンショットが見事に「Tiny」で設定した書式に変更することができました。

「Tiny」で設定したスクリーンショットの書式が反映される

あとがき

あとがき

通常、Macのスクリーンショットの名前を変更するには「ターミナル」を使った方法がありますが、わざわざ「ターミナル」で設定するのも面倒かもしれません。

そんなときは「Tiny」を使えば簡単にスクリーンショットのファイル名を変更できて便利ですよ。

全てのMacユーザーにおすすめのツールですので、是非お試しください!

Tiny for Mac

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top