iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Macアプリを指定した時間に自動で終了するアプリ「Quitter」

今回はMacアプリを指定した時間にそっと自動的に終了したり、隠してくれるアプリ「Quitter」をご紹介します。

スポンサード リンク


Macアプリを指定した時間に自動的に終了させるアプリ

使い方は簡単です。「Quitter」を起動したらメニューバーにあるアイコンをクリックし「Edit Rules」を選択します。

Quitter1

画面右下にある「+」をクリックして自動終了させたいアプリを選択し、何分後(after minutes of inactivity)にQuit(終了)もしく「Hide(隠す)」を決定すればOK!

Quitter3

あとは指定した時間を迎えると自動的に指定したアプリだけを終了させることができますよ!

あとがき

あとがき

「Quitter」を使えば、無駄な時間を浪費するMacアプリを自動で終了し、Macの生産性や作業効率をアップさせることができるかもしれません。

またMacのデスクトップ画面をたくさんのアプリのウィンドウで埋め尽くしてしまう方にも、必要のないアプリを終了させるツールとして役立ちますので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

ちなみにMacで起動中のアプリを一気に全終了させたいときは「cmdQuit」を使うと便利ですので、こちらの記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

Quitter for Mac – Marco.org

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top