iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

OS X Yosemiteに対応したMacのシステム監視ユーティリティ「iStat Menus 5」を使ってみた。

iStat Menus 5

2014年秋にリリースされる「OS X Yosemite」のリリースにあわせて、人気のシステム監視ユーティリティiStat Menuシリーズの最新版「iStat Menus 5」がリリースされていたので早速使ってみました。

スポンサード リンク


「iStat Menus 5」ってなに?

「iStat Menus」シリーズは、Macのシステム状態をリアルタイムで監視・チェックできるツールのことで、CPUやメモリ、ネットワーク状況、Mac内部の温度、バッテリーの消費状態などを、とても簡単にチェックすることができます。

最新バージョンとなる「iStat Menus 5」は今秋リリース予定の「OS X Yosemite」に合わせて再設計され、日本語表示に対応し、より使いやすいツールへと進化しています。

iStat Menus 5のダウンロードページ

iStat Menus 5

iStat Menus 5のダウンロードページです。

シングルライセンスは$16。アップグレード版は$9.99

「iStat Menus 5」の価格体系は、シングルライセンスは$16、ファミリーパックが$24となっており、アップグレード版のシングルライセンスは$9.99、ファミリーパックは$14.99となっています。

購入はクレジットカードもしくはPaypalで買うことができ、購入後すぐにライセンスが発行されます。

価格

「iStat Menus 5」の仕様をチェック!

早速「iStat menus 5」をインストールしてみました。旧バージョンと少しアイコンのデザインが変わっているようですね。

インストール

ディスクの読み書きは、アプリケーション毎の統計をとってくれる仕様になっています。

ディスク

Mac内部の温度センサーもかなり細かい部分まで把握できるようになっています。ちなみに「iStat Menus 5」はファンコントロール機能が付いているので、夏場にMacが熱くなることがあっても、ファンの回転数を上げてMacの温度を下げることが可能です。

温度センサー

バッテリー状況では、現在のバッテリー使用状況のほか、バッテリーの充放電回数、健康状態までチェックすることが可能です。

またエネルギー消費の激しいアプリケーションもひと目でわかるようになっています。

バッテリー

ネットワークの送受信の状態もリアルタイムでモニタリングできます。アプリケーション毎の通信状態まで個別にチェックできますよ。

ネットワーク

時刻・曜日は、カレンダー表示で確認できるほか、世界各国のタイムゾーンもチェックすることができます。

カレンダー

メモリに関しては、メモリ使用量の大きなプロセスや、スワップ使用領域の状況などを確認することができます。

メモリ

メニューバーから簡単にチェックできてMacも冷却できるから超便利!

あとがき

「iStat Menus 5」は基本的にメニューバーのアイコンを眺めていれば、Macのシステム状況がどんな風になっているのかひと目でわかるように設計されています。

たとえばMacを使っていてアプリケーションが急に動かなくなったときや、急にMacのファンが勢い良く回り始めたりと、急なトラブルの原因を簡単に突き止めることが可能になります。

またファンコントロール機能が標準で付いているので、「iStat Menus 5」があれば夏の暑い季節にMacが熱くなっても、ファンの回転数を上げることによって、Mac本体の温度を下げることができます。

Macを冷却するためにファンコントロールアプリを探さなくても、このアプリ1つあれば温度制御もしてくれるんです。

Macユーザーであれば絶対に持っておいて損はしないツールです。14日間の試用期間もあるので、気になる方は是非チェックしてみてください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top