iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

超便利!Macの画面端に『とりあえず置いておきたい』ファイルを一時保管できるアプリ「Dropshelf」

今回はMacのファイルやテキストをデスクトップ端に一時保存できる「Dropshelf」をご紹介!

Macの画面端に一時的なファイル置き場を作って、ファイルやテキストを一時保管することができますよ!

スポンサード リンク


「Dropshelf」の使い方

DropshelfDropshelf
価格: ¥100(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

使い方は簡単です。「Dropshelf」を起動したら、画像をデスクトップ端にドラッグ&ドロップするだけでOK!

こんな感じで画面端からファイル置き場が出現し、ファイルを一時保管することができます。

ファイルを画面端に移動させる

一時保管したファイルは、ドラッグ&ドロップ操作でどこでも貼り付けることができます。

一時保管されたファイルを貼り付けできる

実際に貼り付けるとこんな感じになります。

テキストエディタなどに貼り付けできた

ちなみに、複数ファイルの一時保管にも対応していますよ!

複数ファイルの一時保存も可能

何と!「PopClip」と連携してテキストを一時保管することもできる!

この「Dropshelf」は、PopClipを開発した「Pilotmoon Software」社が作っているのですが、PopClip Extensions 公式ライブラリからPopClip用の専用エクステンションをインストールすると、任意のテキストを「Dropshelf」に一時保管できるようになります。

PopClipライブラリから専用エクステンションをインストールする

たとえば、一部分のテキストを選択して、「PopClip」の「Dropshelf」エクステンションを起動すると…

選択したテキストをDropShelfに送る

こんな感じで、テキストを画面端に保存することができます。

テキストを画面端に一時保存できる

一時保存されたテキストは、他のテキストエディタにドラッグ&ドロップで貼り付けることが可能です。これは便利ですよ!

テキストエディタに貼り付けできる

ディスプレイの小さなMacBook Airで大活躍しそう!

あとがき

「Dropshelf」を使えば『とりあえず置いておきたい』ファイルやテキストを画面端に一時保管し、いつでもどこでも貼り付けすることができますよ!

特にディスプレイの小さなMacBook Airで作業をしていると、デスクトップがウィンドウだらけになって作業スペースが限られてしまうことが多いのですが、「Dropshelf」をうまく活用することで作業効率を維持することも出来ると思います。

とても便利なツールなので、興味のある方は是非お試し下さい!

DropshelfDropshelf
価格: ¥100(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top