iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

キーボードの入力ソースをカーソルの近くに表示できるMacアプリ「YouType」

今回はキーボードの入力ソースをカーソルの近くに表示できるMacアプリ「YouType」をご紹介!

このアプリがあれば、メニューバーにある入力ソースを見なくてもカーソル付近で入力モードをチェックできて便利です!

スポンサード リンク


現在の入力ソースをメニューバーで確認しなくてもOK!いつでもカーソル近くでチェックできる!

追記:2015年12月27日

現在、こちらのアプリは日本の「Mac App Store」で購入できない状態となっています。状況に変化がありましたら、あらためて追記致します。

YouTypeYouType
価格: ¥240(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

使い方は簡単です。まず「YouType」を使うための設定をいくつか済ませておく必要があります。

「YouType」を起動したら専用のヘルパーアプリケーションのインストールを促す画面が表示されるので「Open instructions」を選択します。続けて「YouType」の公式サイトからヘルパーアプリケーションをダウンロードし、Macにインストールしておきましょう。

YouType 専用のヘルパーアプリケーションをインストールする

つぎに「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」の順にアクセスします。

システム環境設定を開き「セキュリティとプライバシー」を選択する

「プライバシー」タブ→「アクセシビリティ」にある「YouTypeHelper.app」にチェックを入れて認証します。

アクセシビリティの項目で「YouType」の認証を許可する

あとはMacの日本語入力システムを「日本語IM(旧ことえり)」にするだけでOK!こんな感じでカーソル近くに現在の入力ソースを表示することが可能となります。

カーソルの近くに現在の入力ソースを表示することが可能

カーソル近くに入力ソースを表示できれば、わざわざメニューバーにある入力ソースを見なくてもいいので無駄な視線の移動がなくなって作業効率がアップするはずです!

メニューバーを見なくても現在の入力ソースを確認できるので便利です

あとがき

あとがき

「YouType」があれば、いつでもカーソル近くで現在の入力ソースをひと目で確認することができて便利ですよ!

「日本語IM(旧ことえり)」でしか使えないという不便さはありますが、それ以上に文字入力の効率を支援してくれる大きなメリットがあるはずです。

興味のある方は是非お試しください!

YouTypeYouType
価格: ¥240(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top