iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Macで画像・動画キャプチャと描画加工ができる最強アプリ「Snagit 4」

今回は画像・動画キャプチャの両方の操作ができて、さらにキャプチャした画像に矢印、文字、図形、ぼかしなどを注釈を描き込むことができるアプリ「Snagit 4」をご紹介します。

スポンサード リンク


画像と動画キャプチャ。さらに注釈を描き込める万能アプリ

Snagit 4Snagit 4
価格: ¥6,000(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

僕が毎日ブログを書くときの作業に、スクリーンキャプチャーと注釈の描き込み作業があるのですが、今までスクリーンキャプチャーは「Jing」、注釈の加工は「Monosnap」というように2つのアプリに分けて作業していました。

もっと効率的に画像キャプチャーや注釈加工ができないかなーとアプリを探していたところ、上記2つの作業をまとめて1つのアプリで実現できる「Snagit 4」を発見。

早速使ってみるとかなり便利なアプリだったのでご紹介します。

「Snagit 4」の使い方

▼使い方は簡単です。「Snagit 4」を起動したらメニューバーのアイコンをクリックし「Capture」ボタンをクリックします。

Snagit 48

▼すると、こんな感じで任意の画面もしくはフルスクリーンをキャプチャーすることが可能。オプションでカーソルも含めてキャプチャーするかどうかも設定できます。

Snagit 45

▼キャプチャーした画像には矢印、文字、図形、ぼかしなどを注釈を描き込むことができます。

Snagit 44

▼特殊効果のツールはかなり充実していて、文字の注釈はフリーフォントを指定して描き込むこともできます。

Snagit 43

▼さらに画像キャプチャーだけではなく、動画キャプチャーもできます。

Snagit 42

▼キャプチャーした動画はそのままMP4に書き出したり、PNGもしくはGIFに変換して保存することもできますよ!

Snagit 41

あとがき

あとがき

「Snagit 4」ひとつあれば、画面・動画キャプチャー、キャプチャー後の注釈加工までオールマイティにこなしてくれて便利です。

特にMacを使ってブログを書いている方であれば、今まで以上に作業効率がアップして便利ですよ!

興味のある方は是非お試しください。

以上、Macで画像・動画キャプチャと描画ができるアプリ「Snagit 4」の紹介でした。

Snagit 4Snagit 4
価格: ¥6,000(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top