iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

無料!BluetoothだけでiPhoneとデータを共有できるMacアプリ「Scribe」が便利!

今回は Wi-Fi がなくても Bluetooth だけで iPhone とデータを共有できる Mac アプリ「Scribe」をご紹介!

Wi-Fiが使えないエリアでもMacでコピーしたテキストや画像を iPhone に転送できて便利です。

スポンサード リンク

「Scirbe」の初期設定

Scribe - Copy anything from your Mac to your iPhoneScribe - Mac版
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
Scribe - Copy anything from your Mac to your iPhoneScribe - iPhone版
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「Sciribe」を使うためには、MacとiPhoneの両方のデバイスで「Bluetooth」をオンにしていおく必要があります。

Mac版の「Scribe」を起動したらメニューバーのアイコンをクリックし「Link Device」を選択します。

iPhoneとペアリングする

つぎにiPhone版「Scribe」を起動し、画面に指をタップしたまま左から右へスライドさせてペアリングしましょう。

iPhone版「Scribe」を起動しペアリングする

「Scribe」の使い方

使い方は簡単です。まずMacで任意のテキストをコピーし、メニューバーから「Send From Clipboard」を選択します。

任意のテキストをコピーして「Scribe」に転送

するとこんなウィンドウが表示されるので「Scribe」の項目を選択した状態で、Enterキーを押します。

Scribeの項目でEnterキーを押す

するとiPhone版「Scribe」にBluetoothで転送されたテキストがこんな感じで表示できます。

任意のテキストがiPhone版「Scribe」にコピーされる

ちなみに画像を転送したいときは、任意の画像をメニューバーにあるアイコンにドラッグ&ドロップします。

メニューバーのアイコン上に画像を移動させる

画像のサイズが大きすぎると転送に時間がかかるので注意してください。実際にこんな感じでMacとiPhone間で画像を共有することができます。

画像も簡単に共有できる

共有したテキストや画像はiPhoneにコピー&保存はもちろん、他のアプリと共有したり、メールやメッセージアプリに添付して送ることも可能です。

あとがき

あとがき

「Scribe」があればWi-FiがないエリアでもBluetoothだけでデータを共有することができますよ。

外出先でモバイルWi-Fiルーターがない場合や、Wi-Fiが使えないエリアでデータを共有しなければならない時は「Scribe」が活躍してくれると思います。

無料で使える便利なアプリなので、興味のある方は是非チェックしてみてください!

Scribe - Copy anything from your Mac to your iPhoneScribe - Mac版
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
Scribe - Copy anything from your Mac to your iPhoneScribe - iPhone版
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top