iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

Coda(Mac App Store版)から「Coda 2.5」へ無償アップグレードする方法

Coda(Mac App Store版)から「Coda 2.5」へ無償アップグレードする方法

Mac用のWeb開発ツールで有名な「Coda 2.5」が Sandbox化に断念したため、開発元のPanic社は「Coda 2.5」以降のバージョンを「Mac App Store」から取り下げてしまいましたが、Mac App Store 版の「Coda」を使っていたユーザーは、「Coda 2.5」に無償アップグレードすることができます。

今回は Mac App Store 版「Coda」からPanic製「Coda 2.5」へ移行する方法をご紹介します!

スポンサード リンク

まずCodaにアクセスし、最新版の「Coda」をダウンロードします。

開発元の Panic から Coda 2.5 をダウンロードする

つぎに「アプリケーション」フォルダ内にある Mac App Store版の「Coda」を何もせずにそのままの状態にしておいて、ダウンロードした「Coda」を「アプリケーション」フォルダ以外の場所で起動します。今回はデスクトップ画面上から「Coda 2.5」を起動してみます。

Coda 2.5 をアプリケーションフォルダ以外の場所で起動する

デスクトップ上で「Coda 2.5」を起動すると、Mac App Store版「Coda」のライセンスを参照することができるので、「Coda 2.5」へ移行するための登録者名とメールアドレスを登録します。

ライセンスが参照されたら登録者名とメールアドレスを登録する

無事に成功すると、先ほど登録したメールアドレスに「Coda 2.5」のシリアルナンバーが記載されたメールが届きます。

シリアルナンバーが記載されたメールが送信される

シリアルナンバーが書かれたメールはなくさないようにきちんと管理し、メール内に記載されている「Coda 2がインストールされている場合はここをクリック」を選択します。

メールで Coda 2.5 のシリアルナンバーが届く

シリアルナンバーが自動入力されたウィンドウが表示されるので、シリアルナンバーに間違いがなければ「登録」をクリックします。

登録ボタンをクリックする

「ご購入いただきありがとうございます。」の画面が表示されたら無償アップグレード成功です。無償でPanic製「Coda」のフル機能を使用していくことができますよ!

Panic 製 Coda 2.5 の全機能を使うことができる

Mac App Store 版「Coda」を持っている人は無償アップグレードできるので買い直す必要なし!

あとがき

上記の手順を参考にすれば、Mac App Store版「Coda」から「Coda 2.5」以降のバージョンに無償アップグレードすることができます。この方法はPanic社が発表している方法なのでライセンス的な問題は一切ないので、安心してくださいね。

「Coda 2.5」以降のバージョンでは、iCloudを使った同期機能を使うことはできませんが、Panic社が開発した「Panic Sync」という同期サービスを利用することができますよ!

Mac App Store版ユーザーは忘れずに無償アップグレードしておきましょう!

Coda

2015/7/20 追記

iPhoneにも対応したユニバーサルアプリ版「Coda for iOS」がリリースされましたので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top