iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

iOS 8:Safari で見ているWebサイトをタスク管理アプリ「Things」にタスク登録する方法

「iOS 8」で追加された新機能「App Extension」の連携を使って、タスク管理アプリの「Things」に気になったWebサイトをタスク登録する方法をご紹介!

「Things」ユーザーには便利な小技です!

やり方は簡単です。事前にiPhoneアプリの「Things」をインストールした状態で、Safariを起動します。

Safariで気になったWebサイトを見つけたら、共有アイコンをタップし「Thingsに追加」を選択すればOK!

Safariの共有アイコンからThingsにタスクを追加する

あとはタスクにタイトルをつけて「保存」をタップすると、タスク管理アプリ「Things」の受信箱にリンク付きのタスクを登録することができますよ!

タイトルをつけて保存すると「Things」の受信箱に登録できる

受信箱に登録されたタスクのリンクをクリックすると「Safari」が起動し、気になったWebサイトをチェックすることもできます!

スポンサード リンク


「Things」は「Safari」と「App Extension」しているからタスク管理がはかどる!

あとがき

「Safari」の「App Extension」連携機能を使えば、気になったWebサイトをどんどん「Things」にタスク登録することができて便利です!

「Things」ユーザーであれば絶対に知っておいたほうが良いTipsなので、是非お試しください!

ThingsThings for iPhone
価格: ¥1,000(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top