iTea4.0

Mac・iPhone・Apple Watch の最新情報とおすすめアプリを紹介

「Duet Display」の使い方。iPhone / iPad をUSB接続でMacのサブディスプレイにできる最強アプリ!

今回はiPhone / iPad をUSB接続でMacのサブディスプレイにできる「Duet Display」をご紹介!

iPad(もしくはiPhone)をサブディスプレイにして、MacBook AirMacBook Proなどのノートブックマシンの画面をより広く使いたいときに便利なアプリです。

スポンサード リンク


「Duet Display」の使い方

追記

「Duet Display」が「iPad Pro」に正式対応しました!

詳細は以下の記事をご参照ください。

【関連】【朗報】iPadをMacのサブディスプレイ化できる「Duet Display」が「iPad Pro」に対応!

「Duet Display」を使うためには、MacアプリとiOSアプリの両方をインストールし、設定する必要があります。

Macアプリの「duet」は、公式サイトのDuet Displayからダウンロードしします。アプリは無料で使うことができます。

公式サイトからMacアプリ「duet」をインストールする

「duet」をインストールしたら、Macの画面に専用ドライバーのインストール画面が表示されるので「Install and Restart」をクリックします。

Duet専用のドライバーをインストールする

つぎに、サブディスプレイにするiPadとMacをUSB接続します。無事に接続が確認されるとメニューバーアイコンから接続済みの表示を確認できるはずです。

iPadとUSB接続する

iPhone(iPad)で「Duet Display」をインストールする

Macの設定が終わったら、iOSアプリの「Duet Display」をインストールします。

Duet DisplayDuet Display
価格: ¥1,000(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

あとは、iOSアプリの「Duet Display」を起動し「Got It」をタップするだけでOK!たったこれだけの操作でiPadをMacのサブディスプレイにすることができます。

「Got it」をタップするとiPadをMacのサブディスプレイにできる

「Duet Display」はWi-Fiを使わず、USB接続で動作するアプリなので動作の遅延が少なく、Mac側の操作をリアルタイムに反映させることができます。

Macのサブディスプレイとして活用できる

サブディスプレイの動作をより滑らかにしたいときは、メニューバーの「Frame Rate」で「60 FPS(High Performance)」をすると良いですよ。

フレームレートを変更できる

またより綺麗な画質にしたいときも、メニューバーの「Resolution」から「Retina(High Performance)」を選択してみましょう。

解像度を変更できる

ちょっと動作は不安定だけど、「Duet Display」は実用性の高いアプリ!

あとがき

「Duet Display」を使えば、iPhoneやiPadをMacのサブディスプレイとして、より広い画面で快適な作業をすることができますよ!

Wi-Fiではなく、USBによる有線接続なので、サブディスプレイの動作がモッサリすることもなく、快適に使えると思います!

外出先でMacBookとiPadを組み合わせて作業すると、とても快適な作業ができるはずです。

但し、全てが快適かというとそう言い切れない部分もあって、iPadを横向きにするとうまく画面が表示されなかったり、「Duet Display」を使い終わった後にMacの解像度を変更すると画面がブラックアウトしたりと動作の不安定が目立つ部分もあります。

今後のアップデートでこれらの不具合が解消されると思いますが、より広い画面でMacの作業をしたい方にはおすすめのアプリです。

興味のある方は是非お試し下さい!

Duet DisplayDuet Display
価格: ¥1,000(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitter で トリゾーを
Return Top